Control

行事

一升餅とは、満一歳の誕生日をお祝いする伝統の行事です。
人の一生と餅の一升をかけて、一生(一升)食べるのに困りませんように、一生(一升)健康でそだちますようにという願いを込めて、一歳までの成長を祝い、この先の健康や成長をお願いする伝統行事です。

以前の日本の風習には、欧米諸国のように毎年の誕生日を祝う習慣はなかったのですが、家庭での一年目の初めての誕生日を祝う行事として、一升餅が行われていたと言われています。
各地方によって呼び方に違いがあり、誕生祝い餅、踏み餅、立ち餅、転ばせ餅、背負餅、などがあります。

多くの場合が、一升餅を風呂敷やリュックなどにいれて子供に背負わせて祝う方法で行われているようです。
しかし、一升餅は約2キロの重さがあるので、一升餅を背負えるかで子供の将来がどうなるかを占うような意味が込められています。

赤ちゃんに関するお祝いに、最近ではオムツケーキも人気です。
オムツケーキとは、その名の通りオムツをケーキのようにデコレーションしたものです。ですから、オムツケーキといっても食べられるわけではありません。
ですが、オムツケーキは実用性があるものばかりで構成されているため、出産のお祝いとしてはもってこいなのです。

赤ちゃんが赤なら、死は白。一升餅が=一生ならば、それを色で表したのが紅白まんじゅうといえるでしょう。紅白まんじゅう以外にも、日本では紅白の組合せはよく見られます。
紅白まんじゅうはあらゆる場所で今でも見ることができるので、誰もが一度は何かの席で紅白まんじゅうを食べたことがあると思いますし、非常に日本人に根づいたものだと言えます。

Recommendation

出産のお祝いはオムツケーキで決まり!|マーブル